相続・遺言・会社設立専門司法書士事務所

相続による名義変更 その他の不動産登記手続き

不動産をお持ちの方が亡くなった場合、登記簿上の氏名住所を、相続人の方に書き換える手続きが必要です。
その場合、戸籍謄本を何通も集める必要があり、一般の方がご自身で行おうとすると大変な手間がかかります。
また、相続人の方が多数いる場合、誰が相続するのがよいのでしょうか。これらの点につき、相続アドバイザーである司法書士が、すべて解決します。安心しておまかせ下さい。

→相続手続サービスの詳細を見るにはこちらをクリック

遺言作成

遺言というと一般には、「お金持ちのすること」といった認識があるかもしれませんが、そのようなことはありません。
相続税を納める必要のないケース(相続財産がそれほど多くない場合)でも、遺言がないばかりに遺された相続人が困ることがあります。
なぜ遺言が必要なのか、遺言を用意すべきはどのような人なのか(高齢の方だけでなく、若い人であっても遺言が必要な場合があります)を、お伝えします。

→遺言作成サービスの詳細を見るにはこちらをクリック

会社設立 その他の商業登記

会社をつくる場合、必ず「登記」が必要となります。登記をしない限り、会社は成立しないのです。
単に、会社の設立の登記をするだけであれば、一般の方でも時間をかけて、登記所に何度も相談に行けば、ご自身で行うことはできるかもしれません(それでも、相当の時間がかかるので、ご自身の時給を考えた場合、決してお勧めしませんが…)。
さらに、設立しようとする会社の事業内容によっては、許認可が必要なことがあります。この点について、知識がないと、設立登記は完了したものの、所轄庁の指示により、再度「変更の登記」が必要となって余計な費用がかかる可能性があります。
数人で出資をする場合の出資比率や、役員の任期の定め方なども会社法の知識がないと、将来的に大問題になるケースもありますので、専門家へ依頼していただくのが一番です。

→会社設立サービスの詳細を見るにはこちらをクリック

遺留分減殺請求

遺留分減殺請求その他の手続きについて、内容証明郵便の作成を行います。

→遺留分減殺請求の詳細を見るにはこちらをクリック

相続放棄の手続き

 相続放棄の手続きは家庭裁判所を通して行う必要があります。さらに、期間制限もありますので、相続が発生した場合で、債務超過のときは早期にご相談ください。

→相続放棄の詳細を見るにはこちらをクリック

無料相談

手塚司法書士

手塚司法書士事務所
代表 手塚宏樹
詳しいプロフィールはコチラ

■相続アドバイザー認定会員である私が、あなたの問題を解決します!

■身近な相談相手として、相続・遺言等の手続きに豊富な実績があります。

■税理士等・他士業のご紹介も承ります。

報酬、料金はコチラ

■土地、建物等遺産についての相続登記、売買、贈与その他一切の不動産登記、遺言作成 会社設立、役員変更、合併、解散・清算、増資その他
一切の商業登記、法人登記は手塚司法書士事務所へ

■オンライン申請により、登録免許税・定款認証の費用がお安くなります。

司法書士・手塚宏樹のブログ

相続登記特設サイトはこちら